監視カメラの種類

監視カメラは、その形状や録画方法によっても様々な種類があります。また、設置場所に適切に対処した特化型の監視カメラもあるのです。まず同軸ケーブルを使ったフルハイビジョンのカメラですが、TVIカメラやCVIカメラ、AHDカメラなどが規格によって販売されています。また、HD-SDIとEX-SDIは、放送業界で以前から使われていた規格で、この二つはケーブルの長さによって名称が使い分けられています。

LANケーブル最近多くなってきたのは、やはりIT時代を象徴するIPカメラの存在で、ネットワークカメラとも呼ばれ、LANケーブルで接続されるこのタイプの防犯カメラは今後の主軸となっていくことでしょう。

またこうしたカメラが普及されたことで、「アロバビュー」のようなネットワークカメラを統合・管理するソフトウェアなどが登場してきています。監視カメラ録画のシステムはどんどん便利に進化してきています。

他にも、夜間撮影を可能とした赤外線カメラは、需要が高く凡庸型が多いことから各メーカーから売り出され、かなり安い価格で購入することができます。監視カメラは、設置タイプにより固定式のカメラが主力ですが、利用を用途に応じたタイプが販売されており、パンチルトカメラは360度撮影可能で、常時監視型のカメラとして使われます。

また、固定した個所だけを撮影するのには、ドームカメラや赤外線カメラなどを使います。そして、用途に応じた小型カメラや箱型カメラ、センサーカメラやデジタルレコーダーなどがあります。

About the author

2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031