監視カメラの活用法

現在、監視カメラと呼ばれるタイプのカメラは、様々な場所で使われるようになってきました。生産工場では、品質管理を図るためこうしたカメラが活躍しており、様々なセンサーと組み合わせることによって、異物混入や形状の選別、あるいは色や品質の選別などに利用され、品質の向上に寄与しているのです。監視カメラの特徴として、人を配置せず無人で管理できるという利点があります。

防災目的こうした特徴をもつ監視カメラは、防災目的に川や海あるいはダムなどの水位や状況を判断する、またがけ崩れなど未然に察知できるため、設置され安全性が高まってきたのです。こうしたカメラが使われる背景に、人件費を必要としないという面が挙げられますが、24時間態勢で活用してもメンテナンスだけで済むという利点が大きいのです。

さらに最近では、トラックや乗用車など、車にドライブレコーダーとして取り付けられるようになってきました。これらは監視カメラという側面より、防犯上の理由や事故が起きた場合、正確な状況が録画できるとあって、乗用車にも標準装備されるようになってきたのです。特に深夜タクシーなど、不特定の乗客を乗せる場合、こうしたカメラが随分と防犯に寄与しています。

About the author

2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031