月別: 2018年2月

監視カメラの効果

あらゆる業界で使用されるようになってきた監視カメラは、さまざまな目的によって設置されるようになってきました。こうした監視カメラの導入によって、私たちは安全な食品や安心した品質の商品を手にすることができるようになってきましたが、あくまでもカメラを導入するのは人の手で行われるものですので、実際にきちんと管理が行われているかは今後の課題と言えるでしょう。

効果また監視カメラの効果として、防犯効果が非常に高いということが言えます。犯罪に関して言えば、これまで犯人を探すため、警察関係者が足を棒のようにして聞き込みを行っていましたが、現在は公共機関あるいは街頭や店舗などに、こうした監視カメラの設置が増え、非常に絶大な効力を発揮しています。さらに、人通りの少ない通り道や住宅街などに設置しておくことで、未然に犯罪を防ぐという防犯効果に、多大の貢献をしているといえるでしょう。

こうした監視カメラは、近年非常に需要が高いことから、家庭用の防犯カメラも販売されるようになってきました。価格は一万円を切るものもあり、赤外線機能なども備わっていることから、一般の住宅であっても玄関や家の死角に簡単に取り付けることができます。

監視カメラの活用法

現在、監視カメラと呼ばれるタイプのカメラは、様々な場所で使われるようになってきました。生産工場では、品質管理を図るためこうしたカメラが活躍しており、様々なセンサーと組み合わせることによって、異物混入や形状の選別、あるいは色や品質の選別などに利用され、品質の向上に寄与しているのです。監視カメラの特徴として、人を配置せず無人で管理できるという利点があります。

防災目的こうした特徴をもつ監視カメラは、防災目的に川や海あるいはダムなどの水位や状況を判断する、またがけ崩れなど未然に察知できるため、設置され安全性が高まってきたのです。こうしたカメラが使われる背景に、人件費を必要としないという面が挙げられますが、24時間態勢で活用してもメンテナンスだけで済むという利点が大きいのです。

さらに最近では、トラックや乗用車など、車にドライブレコーダーとして取り付けられるようになってきました。これらは監視カメラという側面より、防犯上の理由や事故が起きた場合、正確な状況が録画できるとあって、乗用車にも標準装備されるようになってきたのです。特に深夜タクシーなど、不特定の乗客を乗せる場合、こうしたカメラが随分と防犯に寄与しています。

監視カメラの種類

監視カメラは、その形状や録画方法によっても様々な種類があります。また、設置場所に適切に対処した特化型の監視カメラもあるのです。まず同軸ケーブルを使ったフルハイビジョンのカメラですが、TVIカメラやCVIカメラ、AHDカメラなどが規格によって販売されています。また、HD-SDIとEX-SDIは、放送業界で以前から使われていた規格で、この二つはケーブルの長さによって名称が使い分けられています。

LANケーブル最近多くなってきたのは、やはりIT時代を象徴するIPカメラの存在で、ネットワークカメラとも呼ばれ、LANケーブルで接続されるこのタイプの防犯カメラは今後の主軸となっていくことでしょう。

またこうしたカメラが普及されたことで、「アロバビュー」のようなネットワークカメラを統合・管理するソフトウェアなどが登場してきています。監視カメラ録画のシステムはどんどん便利に進化してきています。

他にも、夜間撮影を可能とした赤外線カメラは、需要が高く凡庸型が多いことから各メーカーから売り出され、かなり安い価格で購入することができます。監視カメラは、設置タイプにより固定式のカメラが主力ですが、利用を用途に応じたタイプが販売されており、パンチルトカメラは360度撮影可能で、常時監視型のカメラとして使われます。

また、固定した個所だけを撮影するのには、ドームカメラや赤外線カメラなどを使います。そして、用途に応じた小型カメラや箱型カメラ、センサーカメラやデジタルレコーダーなどがあります。

監視カメラの概要

監視カメラとは、防犯や防災などを始め、計測や記録などを行うために設置しておくカメラのことで、監視カメラ自体は特定の場所に固定する据え付けタイプが一般的に使われています。重要なのは、カメラ本体そのものをというよりも、その画像に記され撮影した映像の伝送やその処理、または記録および表示機能を含むデータそのものが、非常に重要なものになってきます。

監視カメラさらに、映像だけではなく、音声も録音することにより、より詳細なデータを得ることができます。一昔前までは、アナログ録音が主力で、記録媒体が磁気テープを使ったものでしたので、そのテープの管理も別に行わなくてはなりませんでした。しかし現在、ほぼすべての記録媒体がデジタル化され、この記録方法によって場所をとることもほとんどなくなりました。また、データそのものがデジタル処理されていますので、電話回線あるいは無線電波を介したデータの移動も簡単に行えるようになってきたのです。

デジタル処理された記録媒体は非常にコンパクトで、数1000冊や数万冊の百科事典のデータはさえも小さなスティック一本で、記録データを持ち帰ることも可能になりました。また、デジタル式の監視カメラの特徴として、音声や赤外線と組み合わせることによって、音が発せられた場合や映像にる動きがあった場合のみ撮影するということも可能になってきました。したがって、ただ無尽蔵に録画していくのではなく、必要な情報だけを切り取ったように録画する事ができるようになり、コスト的にもさらに向上しました。

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728